[G Suite]G Suite Businessで無制限のストレージとアーカイブ機能を備えた新料金プラン

3月よりG Suite Businessで無制限のストレージとアーカイブ機能を備えた新料金プランが提示されています。

G SuiteはGoogleが提供する有料のクラウドオフィスアプリケーションですが、3月より提示されているユーザー1人あたり月額1,200円のG Suite BusinessプランではGoogleのオンラインストレージであるGoogleドライブの容量が無制限となっています。

無制限のオンラインストレージが利用可能となったことは画期的で、これにより、情報担当者は社内のサーバストレージ容量を機にすることなく、ネットワークスピードとネットワークセキュリティの担保に注力できるようになります。

G Suite Businessプランが提供する主な機能は以下となっています。

・ビジネス用の Gmail
・音声会議またはビデオ会議
・スマートな共有カレンダー
・ドキュメント、スプレッドシート、プレゼンテーション
・電話とメールによる 24 時間・年中無休のサポート
・セキュリティと管理機能
・無制限のクラウド ストレージ(5 ユーザー未満の場合は、ユーザー 1 人あたり上限 1 TB)
・メールやチャットのアーカイブや保存ポリシーの設定
・メール、チャット、ファイルに関する電子情報開示への対策
・監査レポートでアクティビティを追跡

無制限のクラウドストレージは5ユーザー以上からとなっているため、実質的には1企業単位で月額6,000円以上の利用で無制限のクラウドストレージが利用可能となります。




地域中核企業向け設備投資促進税制の創設について

 平成28年12月22日の閣議決定に基づき、平成29年税制改正の大綱が公開されています。その中でも、今回は、地域中小企業向け設備投資促進税制の創設について取り上げます。

地域中小企業向け設備投資促進税制はアベノミクス効果の恩恵を十分に受けることができない、地域の中小企業に対し「ローカル・アベノミクス」を実施し、地域経済に好循環をもたらすことを目的として創設された設備投資促進税制です。

地域経済を牽引する中核企業等が、地域経済に好循環をもたらす新規事業への設備投資を実施する際に、取得資産の特別償却または税額控除ができる制度です。