[Google Analytics]アナリティクスのゴールフローレポートについて

WEBサイトのコンバージョンパフォーマンスにお悩みではありませんか?このような方はWEBサイトのコンバージョン率を向上させる一環として、Google Analyticsのゴールフローレポートでコンバージョンのボトルネックが発生していないか確認してみると良いでしょう。

Google Analyticsのゴールフローレポートでは、目標達成プロセスに沿ったトラフィック経路が表示されるレポーティング機能です。
ゴールフローレポートの利用条件として、事前にGoogle Analytics管理画面で目標と目標達成プロセスの設定をしておく必要があります。

ゴールフローレポートを活用するメリットとしては、以下のような情報を得ることができます。

・ユーザーがどこから目標到達プロセスに入っているか。最初のステップからか、それとも途中から入ってくるのか。
・目標到達プロセスの途中にユーザーが多数離脱するステップがあるか。
・トラフィックが引き返す場所があるか。
・他のセグメントと動きが異なるセグメントがあるか。そのセグメントのコンバージョンは増えているか減っているか。

ゴールフローレポートを利用して、コンテンツやメールフォームの改善を測りコンバージョンパフォーマンスが上がれば、より高い費用対効果で広告の運用も可能になります。

[モバイルサイト]モバイルサイトデザインにおける 25 の原則

BtoCビジネスのデジタルマーケティングにおけるモバイルデバイスでのセッション割合は70%を超えています。
モバイルサイトの構築と、ユーザビリティの向上は今やデジタルマーケティングで必要不可欠となってきています。

今回は、Googleが公開しているモバイルサイトデザインにおける25の原則をご紹介いたします。

特に、店頭等のビジネスチャネルをお持ちの事業主の方は、電話での獲得チャネルに注目いただけると良いかと思います。
店頭に電話をかけたユーザーの50%が、店頭来店などのアクションを起こしています。

モバイルサイトデザインにおける 25 の原則

01.行動を促すフレーズをユーザーの目に付きやすい場所に配置する。

02.簡潔でわかりやすいメニューにする。

03.ロゴにリンクを貼って、サイト内どのページからでもトップページに簡単に戻れるようにする

04.プロモーションがホームページを埋め尽くしていたり、ユーザーの操作を妨げたりしないようにする。

05.すべてのページのわかりやすい場所にサイト内検索を配置する。

06.ユーザーが必要な情報を見つけやすいように、サイト内検索結果の関連性を高める。

07.そのユーザーの希望に適した結果を表示しやすいように、検索フィルタを追加する。

08.可能であれば、検索ユーザーを分類し、検索時に役立つようにしておく。

09.個人情報の提供を求める際は、ページ読み込み後すぐにではなく、ユーザーがサイト内を閲覧してからにする。

10.ユーザーがゲストとして購入できるようにしながら、可能であればユーザー登録も促す。

11.登録済みユーザーにはユーザー情報をあらかじめ入力して表示するなどして、ユーザーの操作の手間を省く。

12.Click-to-Call ボタンを配置し、ユーザーが必要なときすぐにオペレーターや担当者に電話できるようにする。

13.ユーザーが端末を移動して別の端末から操作を続けた時でも、コンバージョンを完了しやすくする。

14.数字を入力するフィールドでは数字キーボードを使えるようにする。

15.プルダウンやチェックボックスなど、ユーザーの入力操作が簡単になる方法を使用する。

16.見やすいカレンダーを表示して、予定を確認したり、予約が簡単に行えるようにする。

17.手順をわかりやすく表示し、さらにリアルタイムで入力内容を検証することでエラーを避ける。入力情報に誤りがあった場合はユーザーの目にとまるようにメッセージを表示する。

18.簡潔で読みやすいデザインのフォームになるよう気を配る。

19.ウェブサイトの全ページがモバイル フレンドリーに表示できるようデザインする。

20.判読しやすい画像やレイアウトのみを使用する。

21.商品写真のような重要な画像には、高画質の拡大画像も用意する。

22.ウェブサイトは縦向きと横向きのどちらで表示するのが最適か、ユーザーにわかるようにする。

23.1つのブラウザ ウィンドウ内で操作を完結できるようにして、ユーザーがブラウザ外に移動しないようにする。

24.モバイル / PC の表示切替を使用可能にする。

25.ユーザーが位置情報を利用して近くにある店舗や商品を探せるようにする。




[Google AdWords]4Pマーケティング・ミックスの応用

Google Adwordsの広告配信運用では様々なターゲティング方法があり、どのように初期設定を行って良いか分からない方は、プロモーションしたい商品の4Pマーケティング・ミックスを再定義してみてください。
4Pマーケティング・ミックスはGoogle Adwordsのターゲティング概念にも落とし込むことができます。

・Product 商品/サービス
プロモーションしたい商品やサービスは、「キーワード」を利用してターゲティングします。単体キーワードだけでなく、掛け合わせキーワードも登録してターゲティングを実施することが重要です。
それぞれの、掛け合わせキーワードは異なる広告グループでセグメントし運用を実施しましょう。
掛け合わせキーワードによって、どのようなパフォーマンスの変化があるか把握することは、顧客のニーズを理解する上で重要です。
ディスプレイネットワークを利用する場合は、キーワードに基づくターゲティングだけでなくユーザー属性のカテゴリーに基づくターゲティング方法もあります。

・Price 価格
商品の価格によっても、掛け合わせキーワードは変化してきます。また、配信を実施する地域についても考慮する必要があります。
高額な商品であれば、年齢層もターゲティングの設定をする必要があるかもしれません。

・Place 流通
店頭を展開しているようであれば、店頭に近い地域への配信を強化することをお勧めいたします。
店頭とWEB、両方のチャネルで顧客を獲得することができますから、取りこぼしが少なくなるでしょう。

・Promotion 広告
インターネット以外の媒体で広告を実施している場合は、Google Adwordsのパフォーマンスデータを元に、リアル媒体の予算編成やクリエーティブ、地域なども調整することができるでしょう。




[Google Adwords]通話コンバージョントラッキングの設定

Google Adwordsでは特定のページへの訪問等でコンバージョン(目標)を定義することができますが、モバイル環境ではコンテンツ経由での電話番号のクリックや発信等をコンバージョントラッキングすることが可能です。
通話コンバージョンのトラッキングは以下の種類で可能となっています。

 ・広告に表示された電話番号からの問い合わせ
Google Adwords広告に表示可能な電話番号表示オプションや電話専用広告を経由して発生した通話コンバージョンをトラッキングすることが可能です。
さらに、通話の長さに応じてコンバージョン定義を設定することも可能です。

・転送電話への架電による問い合わせ
WEB上にタグを追加することにより記載された、Google Adwords専用転送電話番号への架電をコンバージョンとしてトラッキングすることが可能です。
(2017年4月現在、日本では利用不能。)

・モバイルサイト上の電話番号のクリック
モバイルサイト上の電話番号のクリックにより発生した架電をコンバージョンとしてトラッキングすることが可能です。モバイルサイトにタグを挿入する作業が必要です。

・通話コンバージョンデータのインポート
コールセンターシステム等、別のシステムで計測しているコンバージョンデータをインポートする方法です。

コンバージョントラッキングはメールフォームを介した問い合わせや見積もり依頼、購入行動での計測が一般的ですが、モバイル環境への対応や、非PCユーザーが増加している背景も踏まえると、メールフォーム利用ユーザーと異なる利用層のコンバージョントラッキングとして利用頻度が高くなってきそうです。




[マーケティング]経営とマーケティング-4Pマーケティング・ミックス-

以前のコーポレートブランディングの記事では、3種類のステークホルダーについて言及しました。
これに基づいて経営の主な組織的機能を定義するとすれば、経営とは顧客・株主・従業員の3種類のステークホルダーを増やすための意思決定を実施する機関ということになります。
この3種類のステークホルダーをバランス良く増やしていくことが、企業の価値を向上させることに直結するという訳です。

この中でも、今回は「顧客」を増やすための概念と手法について触れてみたいと思います。

「顧客」を創造する活動は一般的にマーケティングと定義されています。
マーケティングは企業活動における最も根底的な分野です。顧客がいない企業はありませんから、業種を問わず、例外なく、どのような企業にもマーケティングの概念が存在しています。
しかし、我が国日本では戦後の高度経済成長に伴う需要急拡大という背景もあってか、マーケティングの概念は軽視されてきたように感じることもあります。

さて、マーケティングの基礎概念を理解するために、まず押さえておきたいのが「4Pマーケティング・ミックス」です。
「4Pマーケティング・ミックス」は1960年に、ミシガン州立大学、ノートルダム大学などで教授を歴任したエドモンド・ジェローム・マッカーシー(Edmund Jerome McCarthy)が提唱した、マーケティングの最も基本的なフレームワークで、60年間近くマーケティングの基礎概念として、世界中で幅広く認知されています。
また、現代マーケティングの第一人者とも言われるフィリップ・コトラー(Philip Kotler)が提唱している多くの概念も「4Pマーケティング・ミックス」をベースとしています。

【4Pマーケティング・ミックス】
1.Product(商品)-商品、製品、サービスの策定
2.Price(価格)-商品価格の決定
3.Place(流通)-流通経路の策定、店頭をどのように展開するか、e-コマースサイト
4.Promotion(広告)-商品をどのように顧客に認知させるか

4つの「P」はマーケティングを構成する主な企業活動と定義することができ、この定義をミックスすることで、一般的には顧客が定義されます。
マーケティング・ミックスにおいて顧客を定義することをマーケティング用語で「ターゲティング」と言います。

4つの「P」には相対性があります。
例えば、Price(価格)の決定に着目してみると、Product(商品)原価及び商品開発コストやPlace(流通)コスト、Promotion(広告)コストなどもPrice(価格)の決定に少なからず影響してきます。

次は、実践的な4Pマーケティング・ミックスについても触れたいと思います。

例えば、企業の成長戦略において、PL(損益計算書)上の売上高を増やしたいと仮定すれば、4Pマーケティング・ミックス上の施策は以下を想定することができます。

◎Product(商品)を増やす-新たな4Pマーケティング・ミックスの策定。顧客は増加。
△Price(価格)の上方修正-価格は増加するが、顧客は減少する可能性がある。売上総利益率は改善する。
△Place(流通)を増やす-流通経路の増加。コスト増
○Promotion(広告)の増加-顧客及び売上高は増加。コスト増。

売上高ではなく、PL(損益計算書)上の営業利益率を増加させたいとすれば以下のような4Pマーケティング・ミックス施策を想定することができます。

◎Product(商品)を増やす-新たな4Pマーケティング・ミックスの策定。売上総利益率の高い商品を追加。
○Price(価格)の上方修正-価格は増加するが、顧客は減少する可能性がある。売上総利益率は改善する。
×Place(流通)を増やす-流通経路の増加。コスト増。営業利益率は低下。
×Promotion(広告)の増加-顧客及び売上高は増加。コスト増。営業利益率は低下。

上記に記載したように、4Pマーケティング・ミックスは企業の成長戦略とも密接に関係しています。

企業の成長において、顧客の創造に課題があると認識されている経営者の方には、まず一度、現状の4Pマーケティング・ミックスをPL(損益計算書)と照らし合わせて再認識してみることをお勧めします。




[Corporate Branding]「コーポレートブランディング」って何?

「コーポレートブランディング」とは企業の価値を高める活動全般のこととして認識されていますが、具体的にはどのようなことでしょうか?
「コーポレートブランディング」について考える前に、まずは企業の価値とは誰にとっての価値なのか明確に認識しておく必要があります。
企業には主に、3種類のステークホルダーが存在します。

1.顧客
2.株主・金融機関等の資金調達先
3.従業員やその家族、または採用候補者

上記に挙げた、ステークホルダーに対して価値を高めていくことが企業の価値を高めていくことであると言えます。

価値を定義するためには概念として言語化・視覚化することが重要です。
ステークホルダーに対して共通の価値を言語化・視覚化し価値観のコンセンサスを形成していく活動が「コーポレートブランディング」であると定義することができます。

ステークホルダーに対して共通の価値が言語化・視覚化できれば、リレーションシップの構築過程でのミスリードやミスマッチは限りなく少なくなるでしょう。

また、それぞれのステークホルダーとのリレーションシップを構築する独自の手段として、マーケティングやIR、リクルーティングなどの活動がありますが、これら独自の活動との相対性や関係性も考慮してコーポレートブランディングを実施していくことが重要であると言えます。

中小企業にコーポレートブランディングは必要か?という議論がありますが、当社では、企業を成長させる意思のある経営者の方には是非コーポレートブランディングに取り組んでいただきたいと考えます。

大企業のコーポレートブランディングはステークホルダーが多いため、コンセンサスの形成に莫大なコストがかかりますが、中小企業であれば比較的容易にコンセンサスを形成することができるため、大企業のコーポレートブランディングよりもコストパフォーマンスが良いと考えるからです。

「ブランド」や「ブランディング」という言葉が氾濫しているように思えますが、いわゆる「ブランドマーケティング」と「コーポレートブランディング」は明確に区別して考える必要があるでしょう。




[Google Analytics]リマーケティングリストでクロスデバイス・リマーケティングが開始

Google Analyticsのリマーケティングリストで5月15日よりクロスデバイス・リマーケティングが開始されます。
リマーケティングリストとは、任意のサイトに訪問したユーザーのブラウザクッキーデータをリスト化し、Google AdwordsにおけるDisplay Network広告配信のターゲティング方法として利用できる機能ですが、従来のリマーケティングリストでは異なるデバイスに対してDisplay Network広告の配信ができませんでした。

例えば、PCデバイスで任意のWEBサイトに訪問したユーザーに対して店頭周辺の地域をターゲティングした上でモバイルデバイスに対しリマーケティング配信ができるようになります。

クロスデバイス・リマーケティングの配信条件としては異なるデバイスで同じGoogleアカウントにログインしていることが条件です。




[Google Analytics]CV(コンバージョン)関連指標ベースのデジタルマーケティング運用について

初歩的なデジタルマーケティングの運用について、今回はGoogle AnalyticsのCV(コンバージョン)ベースでの運用について掲載します。
CV(コンバージョン)とは、デジタルマーケティングにおいて成果の数を表す成果指標です。
Google Analyticsでは、CV(コンバージョン数)に関連する成果指標として、CVR(Conversion Rate/コンバージョンレート/コンバージョン率)、CPA(Cost Per Action/コンバージョン単価)が挙げられます。

CV:コンバージョン数
CVR:コンバージョン率=クリック数/CV数
CPA:コンバージョン単価=広告費用/CV数

となります。

例えば、10万円の広告費用に対してCV:10件の場合、CPA:10,000円となり、クリック数が1,000であった場合には、CVR:1%ということになります。

デジタルマーケティングの運用に際してはCV関連の指標をベースに基本的な運用を実施することが多く、CV関連指標の改善がデジタルマーケティングの費用対効果創出に直接的に影響します。

CV関連指標の改善施策としては、WEBコンテンツ(内容)の改修、WEBコンテンツ導線の改修、MFO(Mail Form Optimization/入力フォーム最適化)等が挙げられます。
広告の運用については、キーワード、地域、時間帯等のターゲティングの見直しでCV関連指標を改善することができます。

広告の運用を実施していた場合でも、Google Adwords等の広告管理画面だけではなく、Google Analyticsのデータを参照しより多くのメディアからの流入及びCV関連指標の動向を比較した上で、コンテンツや広告のターゲティングを改修していくことが必要です。




[Google Analytics]地域別のユーザーパフォーマンス分析とその活用法

Google Analyticsのユーザー分析機能では、ユーザーの地域ごとの集客パフォーマンス、行動パフォーマンス、CV(コンバージョン/目標達成)パフォーマンスを集計・分析することが可能です。
地域セグメントは国、都道府県、市区町村レベルまでプライマリディメンションで選択することが可能です。

例えば、集客パフォーマンスからはどこの地域のユーザーでプロダクトに対する潜在ニーズが多いか、行動パフォーマンスからはどこの地域のユーザーでプロダクトに対する購入意欲や興味が高いか、CV(コンバージョン/目標達成)パフォーマンスからはどこの地域のユーザーで購入や見積もり依頼等の目標達成件数や確度が高いかなどを数値で把握することが可能です。

逆に、特定の地域において集客パフォーマンスと行動パフォーマンスで優れた数値を示しているにもかかわらず、CV(コンバージョン/目標達成)パフォーマンスが低い場合などは、事業所や店舗など販売チャネルに課題がある可能性も仮説として考えられます。

把握した数値データを基に、Google AdwordsやYahoo!プロモーション広告など各種広告の地域配信や店舗出店、屋外広告の掲載など広告宣伝費の予算配分などを検討することが重要です。

eコマースサイトの場合は、Google Analyticsのeコマース設定を有効にしておけば、Google Analytics上で、どの地域からいくらの販売が、どの程度の確度で購入に至ったまで詳細なパフォーマンスを取得することができます。




[Google Adwords]ディスプレイネットワークにおけるリマーケティング配信について

Google Adwordsでは、主にユーザーが検索エンジンで検索したキーワードに対して検索結果に表示されるキーワード広告と、ユーザーの属性や嗜好、行動履歴などに応じてインターネット上の様々なWEBサイトやブログ、記事に広告を配信できるディスプレイネットワーク広告があります。
今回は、Google Adworsにおけるディスプレイネットワーク広告のリマーケティング広告について解説します。

リマーケティング広告の仕組みは、運用しているWEBサイトに一度訪問したユーザーのブラウザクッキーデータをリスト化し、該当リストのユーザーに対してディスプレイネットワーク広告を配信するターゲティング機能です。
リマーケティングリストは、Google Analyticsの管理画面もしくは、Google Adwordsの管理画面でリストを作成することができます。
リマーケティングリストの生成においては、Google AnalyticsタグもしくはGoogle Adwordsでリマーケティングタグを発行し、対象サイトのリマーケティングリストを収集したいページに挿入しておく必要があります。

当社ではGoogle Analyticsタグをリマーケティングリストの生成に利用し、Google Analyticsの管理画面からリマーケティングリストを作成し、Google Adwordsにインポートされることを勧めています。

さらに、Google Analyticsの管理画面(プロパティ>ユーザーリスト作成>ユーザーリスト)では様々な条件に応じたリマーケティングリストを作成することが可能です。

例えば、

・全てのユーザーのリスト
・特定のページを閲覧したユーザーのリスト
・特定のキーワードで検索し、サイトにランディングしたユーザーのリスト
・平均ページ閲覧数(PV)が一定以上の数値のユーザーのリスト
・滞在時間が一定以上の数値のユーザーのリスト

などが挙げられますが、サイト内での行動パフォーマンスが良好であったユーザーのリストを各指標ごとに作成し、それぞれに入札単価や広告クリエーティブを設定し運用することで目標達成の取りこぼしを防ぎ、全体の広告運用パフォーマンスを改善することが可能です。